スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植樹

syokujyu1.jpg

syokujyu2.jpg

syokujyu3.jpg

3月14日(日)森の活動をおこないました。
春を身体いっぱい感じる最高のお天気の中、午前9時から午後3時まで
いい汗を流すことが出来ました。午前中は20名の参加者で、まづ植樹
を行いました。ヤマザクラ3本、サカキ20本を、前回の活動で地ごしらえ
した場所(昭和57年土砂崩れ跡地の一部)に植え付けができました。
平均斜度約30度と、厳しい傾斜でありながら約1時間で終了。全部根付いて
大きく育ってほしいな?と思いを込めました。
ヤマザクラを植樹したのは、大阪府が取り組む「生駒山系花屏風構想」
協力事業として行いました。花屏風の一部を美しく飾る立派な木に育ってほしいものです。


その後、苗場の整備をしました。

naeba1.jpg


ひらおかの森を守る会では、毎年どんぐり拾いを行っています。
例年は、春日大社周辺でイチイガシを中心にツクバネガシやアカガシといった
カシ類のドングリを拾ってきて、苗場に蒔いて苗木を育てています。
以前は、ポット苗にして植えていましたが、根付きが悪かったのでこのように
ある程度育てた苗を植えることにしました。

naeba4.jpg

一番手前が一昨年の苗場で、その隣が昨年、一番奥が今年の苗場です。


naeba3.jpg

一昨年の苗場は、発生率高く良く育ってくれています。


naeba2.jpg

昨年の苗場は、発生率低くあまり育っていません。。。


naeba5.jpg

今年はどうかな? 沢山芽をだしてください!


昼食後、午後からは10名の参加者で「姥ヶ池」(うばがいけ)の整備を行いました。

ubagaike1.jpg

姥ヶ池とはいろんな伝説のある池でして。。。あらためて紹介しますのでお楽しみに


ubagaike2.jpg

ubagaike4.jpg

ubagaike5.jpg

昔は、水量豊かな池だったそうですが、土砂崩れによって埋まってしまった
ようです。ゴミ捨ての沼状態であった為、「綺麗にしたいな?」の声でやって
見ることになりました。とりあえず試験的に掘ってみてどんな感じになるのか
やってみましたが。。。ゴミや枯れ枝でなかなかスコップが入らず苦戦しました

ある程度掘ってみると、上から腐葉土層(ゴミ混じり)・砂粘土層・粘土層に
分かれていて、砂粘土層が水脈となっていました。山からの伏流水がジワジワと湧き出て
きて感動しました。命の水です

ubagaike6.jpg

今後も検討を重ねながら、元の綺麗な池に復元したいと考えています。


前回記事の続くは、次回に書きたいと思います


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jimukyoku

Author:jimukyoku
hiraoka森の管理人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。